各種保険を見直そう

借金返済を考える

保険料節約分を借金返済へ

借金返済のための節約

固定支出を見てみると、その中で大きな割合を占めるひとつに保険があります。

生命・火災・自動車保険と色々な保険に加入していることと思われますが、人によっては保険自体への加入を止めてしまうことを考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、保険はもしもの時に役立ってくるものなので、今後のことを考えるならば安易に止めるべきではありません。 保険が必ず必要な費用と考えるならば、残る選択肢は支払額を減らすというものしかなく、こちらについても節約に大きな効果を持っているものとなります。

まず、生命保険について考えるならば、限られた金額内で最適の補償内容の商品を選ぶために、保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。 最近ではプロの無料相談は当たり前になってきて、専門家の客観的な目線から補償内容を見直すことができるので、節約効果についても得られます。

また、最近はインターネット使ったダイレクト型の保険も注目されており、こちらの商品は経費などが少なく済むので支払額も抑えられているというメリットがあり、節約の際には役立つのではないでしょうか。

次に自動車保険ですが、生命保険と同じように見直していき、こちらは一括見積もりなどについても併用してみてはどうでしょう。 一括見積もりは、複数の保険会社から保険見積もりを取得できるという画期的なサービスで、その中から一番合理的な商品を選ぶことができますので、定期的に利用することで節約効果が見込めます。

定期的な見直しが効果的

保険に関しては、画期的な商品が定期的に発売されたりもしますので、一度見直して終わりというのではなく、期間を決めて何度も見直しをするというのもよいでしょう。

借金の返済生活は長期に渡る場合もありますので、常に支出に意識を持つということは大切で、その際に保険の見積もりはとても役立ちます。 このようにして、固定支出の中でも大きな割合を占める、保険料について見直してみて、浮いたお金で借金の早期返済をしてみてはいかがでしょうか。

・経済News

アップルの開発拠点 12月に横浜に完成へ
衆院2補選告示 選挙戦始まる
箱根予選 中大44秒差に泣く
パリ協定の承認求める議案 閣議決定
民進 山井氏 TPP議案の14日の審議入りは難しい
「もんじゅ」協議会開催に向け調整 文部科学相
官房長官 沖縄県外へのオスプレイ訓練移転を推進
マイナンバー含む個人情報の漏えいや紛失など 半年間で66件
サイバー攻撃の監視対象 新たに日本年金機構など8法人
ハワイ人気再燃 各社の戦略は