出費を減らそう

借金返済を考える

節約を心がけよう

電気の節約

借金を早く返済する上で、浪費をしないという事はとても重要な事です。 浪費を防ぐには趣味にお金をつぎ込まない、衝動買いをしない、頻繁に外食をしないといった至極当然の事だけでなく、光熱費や食費の節約にも気を配る必要があります。

借金をなんども繰り返してしまう人はズボラな性格な人が多く、出費に関してもどんぶり勘定をしてしまうような面がありがちです。 そのため、借金があるにもかかわらず光熱費や食費の節約と言った事に気を掛けない人がいます。

出費を抑えることは、収入が増えなくても余剰資金を生み出すという事を理解する必要があります。 家計の中でもっとも出費を抑えやすいと言えば、電気代・ガス代(光熱費)と食材費となります。

この部分に無駄がないかを見直すようにしましょう。

光熱費の削減

最近は電化製品もエコを前面に押し出して販売されることが多くなりました。 家電量販店に行けば、消費電力が当社比〇%ダウンなどと宣伝をしている商品が多く見受けられます。 確かに最新の電化製品は一昔前と比較すると電気代が減ってはいますが、それでもやはり電気代は掛かります。

まず、電気代の見直しとして真っ先にするべきなのは、電気会社との契約アンペア数です。 契約アンペア数は小さいほど定額の基本電気代が少なくて済みます。 必要以上に大きなアンペアで契約をしている場合は、電気会社と再契約をして少ないアンペアに切り替えましょう。

それ以外に電気代節約として留意したいのは、普段使っていない電化製品のプラグはコンセントから抜くという事です。 電化製品は、使っていなくても待機電力を消費してしまいます。

ガス代に関して言えば、使用量が多いのはお風呂やシャワーです。 お風呂の場合は、追い炊きや湯船にお湯を追加する必要が無いように、家族の場合は時間を決めて集中的にお風呂に入るようにしましょう。

また、シャワーはできるだけ使わないことをお勧めします。 シャワーばかりを使い続けると、ガス代だけでなく水道代もかなりの出費となってしまいます。

食材費の削減

食材費で真っ先に考えるべきことは、消費期限切れで腐らせてしまって廃棄している様な食材が無いかという点です。 食材を腐らせてしまうという事は、お金を捨てたのと同じことになってしまいます。

廃棄食材を生み出さない様にスーパーなどで食材を購入する際は、あらかじめ献立を考えてから買うようにしましょう。 また、料理レシピで使いやすい食材を購入するというのも無駄な食材を生み出さないためのコツです。

定期的に冷蔵庫の中をチェックして、消費期限切れまじかな食品があったら早めに調理して食べてしまうようにしましょう。

・経済News

時間外労働の上限規制 議員連盟「実効性持つ法律に」
修復したハウスでカーネーションの出荷準備 熊本
女性の遺体に複数の傷 強い殺意か 東京 杉並
熊本城の修復支援で展覧会 東京 日本橋
熊本県知事 被災農家に対する国の支援に謝意伝える
看板落下し通行人1人けが 強風影響か 北海道 函館
奈良 橿原神宮の社殿の柱に漢字4文字彫られる 警察が捜査
現金輸送車の警備員からバッグ奪ったか 自衛官を逮捕
中国海警局の船4隻 尖閣沖で領海侵入