食費の見直しをした事例

借金返済を考える

食費の見直しで月に3万円を節約して借金返済を加速(40代男性)

食費の見直しも決して借金返済のための節約として軽視できない、このことを示すケースがここにありますので、ぜひご覧になってください。 こちらは40代男性の方なのですが、趣味が食べることとあって、これまでにかけた食費はかなりのものです。

食費の見直し

とにかく美味しい食べ物が大好きで、外食だけではなく、日々の食生活も偏食気味でした。 そして、金銭トラブルによって大きな借金を抱えてしまった彼ですが、生活費の中でも大きな割合を占める食費の削減を余儀なくされたのです。

彼の食事スタイルを見てみると、とにかく食べたいものを食べるというもので、それが買い物にも如実にあらわれていました。 値段もみずにどんどんショッピングカートに食材を入れていき、これはネット通販でも同じです。

気になるお取り寄せグルメを見つけたそばから注文していくという感じで、これは食費がかかっても仕方がありません。 多い時には10万円にもなることがあった食費ですが、最終的には平均して3万円の節約に成功したようです。

彼がまず取り組んだのは、しっかりとメニューを決めて食事をするということで、あまり自炊をしなかった彼ですが、借金を機会に自炊するようになりました。 これまでは、冷蔵庫に入れたままで賞味期限が過ぎてしまう食材も多いようでしたが、これを機会に食材を捨てるということが激減したようです。

そして、彼は大好きだったデリバリーについても特別な日を除いては利用しないことにきめ、お寿司やピザといった食費を圧迫していた要因が消え去りました。 さらに、頻繁に頼んでいたお取り寄せグルメについてもあきらめ、外食もよほどのことがない限りは利用しなくなりました。

このような努力の結果、毎月3万円という食費の節約に成功したのですが、食べることが趣味であった彼にとっては断腸の思いだったことでしょう。 こちらのケーススタディの借金返済節約術も学ぶべき部分は多く、特に重要なのは誰でも節約が可能な食費という部分に着目されているところです。

・経済News

動物園のサルにたき火で焼いた焼き芋 仙台
安倍首相 福島特産「あんぽ柿」の出荷量拡大を支援
ダムに消えた村の子孫 伝統の元服式 岐阜
大雪に備え 冬用タイヤの購入や交換相次ぐ 大津
トランプ氏補佐官もGS出身者
新春の伝統行事「だるま市」始まる 群馬 高崎
インフルエンザ患者 過去10年で2番目の多さ 受験生は注意を